前立腺肥大 手術

MENU

前立腺肥大症の手術とは?

前立腺肥大症の治療で、薬物治療で症状の改善がみられなければ
手術を行うことがあります。

 

 

 

現在、前立腺肥大症の手術で最も多く行われているのが、
TUR−P(経尿道的前立腺切除術)という方法です。

 

TUR−Pは、開腹はせずに内視鏡を使って行う手術です。

 

下半身に半身麻酔をかけ、先端に電気メスのついた内視鏡を尿道から挿入し、
肥大した前立腺を取り除きます。

 

傷跡も残らず手術後の痛みも少ないので、体にかかる負担も少なく
入院期間も短くて済みます。

 

1〜2週間くらいで退院できますが、中には日帰り手術を行う病院も
あるようです。その場合はメリットとデメリットをよく考えて選択してみる
のもいいかもしれませんね。

 

 

 

また、VLAP(経尿道的直視下レーザー前立腺切除術)というレーザーによる
手術方法もあります。

 

下半身麻酔をした状態で尿道から内視鏡を挿入し、レーザー光線によって
肥大した前立腺を焼き切ります。

 

焼き切られた組織は尿として排出されます。
手術は15分ほどで終わり、3日くらいで退院できます

 

 

これら手術方法は、前立腺がまだ小さいときに限って行えます。

 

前立腺の大きさが100cc以上になった場合は、開腹して前立腺肥大組織の
内側を摘出します

 

 

TUR−Pを行える60ccくらいの場合も、出血量が心配な場合は安全な
開腹手術を行うことがあるようです。

 

安心して手術を行うために、担当医とよく相談して納得できる手術方法を選びましょう。

 

 

手術になる前に、これを↓試してみませんか?


 

 

 

前立腺肥大の手術関連ページ

前立腺肥大の治療薬は?
前立腺肥大の治療薬とは具体的にどんなものがあるのかの情報ページです。