前立腺肥大 治療薬

MENU

前立腺肥大症の治療薬とはどんなもの?

前立腺肥大症の治療薬には、α1受容体遮断薬・抗男性ホルモン薬・生薬や漢方薬の
3種類のものがあります。

 

 

 

α1受容体遮断薬は、前立腺の平滑筋の緊張を和らげる作用があります。

 

平滑筋には膀胱の下で尿が漏れないようにする働きがあるため、
α1受容体遮断薬を服用することで排尿がスムーズになります。

 

排尿に関しては即効性があり、早い人なら1日で改善されることがあるようです。
そのため、排尿障害の治療薬としては最も多く使用されている薬です。

 

ただし、肥大した前立腺を小さくする薬ではないということに注意が必要です。

 

 

抗男性ホルモン薬は、男性ホルモンが前立腺へ作用するのを抑え、症状を緩和するものです。

 

男性ホルモンの働きを抑える女性ホルモンを利用したもので、前立腺を
小さくしていき排尿を改善します。

 

即効性はありませんが、2週間程で少しずつ症状の改善がみられ、
4か月もすれば前立腺が小さくなっていきます。

 

効果が出るまで時間はかかりますが、前立腺の肥大を防ぐ効果が確認されており、
3割程度の患者には前立腺を小さくする作用も見られています。

 

しかし、服用をやめると再発したり、性機能に影響が現れるなどの副作用が
出る場合もあるようです。

 

 

生薬や漢方薬は、手術が行えない高齢者や上記の薬が合わない患者に処方されます。

 

むくみを取って排尿を促すなどの効果が期待できます。

 

 

いずれにせよ、早めに適切な処置をすることがとても大切です。

 

 

お医者さんへ行くほどでは・・・そんな方はこちらで⇒

 

 

 

前立腺肥大の治療薬は?関連ページ

前立腺肥大の治療法は?
前立腺肥大は、症状によって第1病期〜第3病期に分けられ、その治療法も違ってきます。
前立腺肥大の手術
前立腺肥大も重篤化すれば手術しなければなりません。前立腺肥大の手術にはどのようなものがあるのかお伝えします。
手術という手も・・・
トイレが近い症状の改善のためには、手術という選択肢も考えておいた方がいいかもしれません。症状にもよりますが、手術してしまった方が快適な生活が送れる場合もありますよ。
前立腺肥大の治療に漢方薬はどうでしょう?
前立腺肥大の薬物療法として「漢方薬」という選択肢もあります。
前立腺肥大の治療と手術
前立腺肥大の治療と手術についての情報です。