前立腺肥大 検査

MENU

検査記事一覧

前立腺肥大の検査は、基本的に問診と排尿状態の検査、血液検査です。その他に、直腸診という直接触って大きさを確かめる検査や、エコーで大きさなどを確認する検査などが行われます。問診の内容は、・年齢・病歴・服用している薬・症状などです。年齢は、前立腺肥大が50代になってから急速に症状が出ることが多いので重要な情報となります。病歴ですが、これは尿路結石や糖尿病など、尿トラブルを起こしやすい病期を持っていた場...

直腸診は、お医者さんが肛門から直接指を入れて、直腸壁越しに前立腺の大きさや硬さを診断します。直腸診は、肛門から指を入れますから多少の苦痛を伴うこともあります。尿検査は、尿路感染症など前立腺肥大以外の病気が原因で尿トラブルになっていないかを確認するため、そうした病気のチェックです。尿量測定という検査もあります。尿量測定は、尿の出る勢いを客観的に調べる検査です。尿量測定装置というもの(トイレみたいな形...