前立腺肥大症 症状

MENU

前立腺肥大症の具体的症状とは?

前立腺肥大症は、高齢の男性によく見られる病気です。
加齢によって前立腺が肥大し、尿道が圧迫されて様々な排尿障害が出てきます。

 

 

 

主な症状には、
・排尿の回数が多い
・急な尿意を我慢できない
・尿を漏らしてしまう
・夜中に何度もトイレに起きる
・尿が出にくい
     といったものがあります。

 

一般的には40〜50代で症状が現れ始め、
60歳を過ぎると半数以上、80歳までに
8割の男性が
前立腺肥大症になるとも
言われています。

 

そのため、前立腺肥大症は男性の更年期障害と呼ばれることもあります。

 

 

前立腺肥大症は、症状によって第1期から第3期に分けることができます。

 

第1病期は膀胱刺激期と呼ばれ、
・夜中にトイレに起きる
・尿の勢いがなくなる
・排尿量が少ない
・排尿に時間がかかる
   といった症状が現れます。

 

 

第2病期は残尿発生期と呼ばれ、排尿後に残尿感が出てきます

 

 

第3病期は慢性尿閉期と呼ばれ、トイレに行く回数が増え頻尿になります。

 

 

 

命に関わるような病気ではありませんが、本人にとっては深刻な問題となる場合もあります。
50歳を過ぎた男性は、尿の出が悪くなるなどの症状を自覚し始めたら、一度泌尿器科で
診てもらうことをオススメします。

 

 

⇒詳しくはこのサイトのトップページをご覧ください

 

 

前立腺肥大の症状って?関連ページ

前立腺肥大ってどんな病気?
そもそも前立腺肥大ってどういう病気なんでしょうか?意外と知られていないかもしれませんね。このページでは前立腺肥大とはどんな病気なのかをお伝えします。